同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。5話のネタバレ

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。

▼無料立ち読みはこちらをタップ▼


パソコンから無料立ち読みする場合はこちら

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。5話のネタバレ

← 4話「保健室で濃厚プレイ。ダメなのに感じちゃう・・・」

 

5話:目隠し・混浴・洗いっこ!?ナマの感触にガマンできず・・・

 

小さい頃は・・・体洗いっこ 今は・・・アソコ洗いっこ

 

エリカと共に学校を早退したケンジ。

 

家に着くと、エリカはケンイチと電話をしている。

 

「・・・うん、わかった。とりあえず頼んでみるよ・・・うん。」

 

ピッ

 

「何て?」

 

「え〜っと・・・ね、ケンイチさんが言うにはなんだけど・・・毒虫の毛針が体にも付着してるかもしれないから、お風呂で洗い流した方がいいって・・・。」

 

しかし、エリカの腕はケンイチの手によって、包帯でぐるぐる巻きにされている。

 

「大げさな・・・だいたいそんな腕でどうやって・・・」

 

「手伝ってもらえないかな・・・?こんなことケンジ君にしか頼めないから・・・」

 

ままままさかの展開(;゚∀゚)=3ムッハー

 

しかし、そんなこと、よくケンイチが許したな。ケンイチさんよ・・・あんた、自分の息子をマークしなさすぎだよ。

 

 

ケンジとエリカは共に浴室へ行く。

 

エリカはバスタオルのみの裸。ケンジは服を着たままでかつタオルで目隠しをされている。

 

こちらの指示する通りに洗ってね、とお願いするエリカ。

 

「そ・・・それじゃあ背中から・・・」

 

エリカたんが背中を向けてるんだったら、オレだったらその隙にタオルをちょいとズラして、エリカたんの裸を舐め回すように見るね( ゚д゚ )クワッ!!

 

ゴシゴシゴシ

 

エリカの背中を洗いながら「(昔はこうやって洗いっこしたっけ・・・)」と懐かしむケンジ。

 

う〜ん、幼馴染だからって、体の洗いっこなんてするもんなんですかね??オレにはそんな記憶ないぞ?(´;ω;`)ブワッ

 

「(にしても柔らかすぎだろ〜〜〜ッ。目隠しされたことで余計に伝わってくるこの柔肌感・・・特にココの妙な柔らかさ、ハンパないわ。二の腕・・・?)」

 

むにゅむにゅ

 

ケンジよ・・・そこはエリカたんの横乳だ( ゚д゚ )クワッ!!

 

「・・・っ!」

 

横乳を触られて、声に出さず、反応してしまうエリカ。

 

「じゃ・・・じゃあ、う・・・腕っ、頼めるかな!?」

 

ばっ

 

「(アレ・・・?今までのは腕じゃなかった・・・?)」

 

うむ、今までお前が洗っていたのは、エリカたんのパイオツじゃ。

 

ケンジいいなぁ。目隠しされてるけど、これは一種のプレイだよ・・・(;´Д`)ハァハァ

 

ケンジはエリカの腕をゴシゴシと洗い、はずみでまたおっぱいを触ったりしちゃうけど、そこは省略(笑)

 

 

「じゃあ・・・つぎ・・・カラダ・・・ね。」

 

「え・・・あ、お・・・おうっ。」

 

ゴシゴシ

 

むにゅ、ぷにゅ・・・

 

「ん?」

 

今までと明らかに違う感触。も・・・もしかして、正面向いてるーーーっ!?

 

先ほどまでとは違い、エリカの胸だと認識した上で、そこを重点的に洗うケンジ。(まだ目隠しされたまま)

 

・・・こりゃある意味拷問だな。こんなぷにぷにボディ触っちゃったら、おいら我慢できないよ(;´Д`)ハァハァ

 

何を思ったのか、ケンジはエリカに質問を投げかける。

 

「エリカって・・・さ、いつも親父とああいうことしてんの・・・?」

 

「ああいう・・・って?」

 

前話の保健室でやってたみたいな事ですな。

 

と、ここで5話は終了だ。くぅ〜焦らしてくれるZE。

 

6話「限界まで密着!ヌチュヌチュ動いているうちに・・・」に続く

 

 

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。

▼無料立ち読みはこちらをタップ▼

 

パソコンから無料立ち読みする場合はこちら